おすすめ記事

2020/07/24配信

Rail-Naviの担当Mです。こんにちは。

今回ピックアップさせていただくのは、「東日本の鉄道ファン」さんの

2020/5/15の投稿、「手軽なカヤ24 室内の再現」です。

あちらこちらに走っていた寝台特急が極僅かに減り、

今や定期運用のない24系の電源車。

 

「東日本の鉄道ファン」さんは電源車「カヤ24」の室内を塗装した例を

投稿してくださいました。

 

製品そのままではそっけない車内でも、簡単な塗装で実車の雰囲気を再現できます。

効果的な方法をご紹介くださったので、ピックアップさせていただきました。

 

また、今回はRail-Naviの開発メンバーから実車の加工の参考にと「カニ24」の車内写真をもらってきたので合わせて掲載します。

-----

以下では、次の内容を書いています。

・「東日本の鉄道ファン」さんの「手軽なカヤ24 室内の再現」のご紹介

・カニ24の車内資料写真

・Rail-Naviアプリ内で「東日本の鉄道ファン」さんの記事を見つけるには

​では、「東日本の鉄道ファン」さんの投稿のキャプチャをご覧ください。

このページの最後に、Rail-Navi内での記事の探し方が書いてあります。

参考にしていただければ幸いです。

車内の色を塗り、グレードアップさせた姿を紹介してくださいました。

配電盤の塗装も効果的で真似してみたくなりました。

 

実車がどうなっているか見てみましょう!

 

ちょうど良く、Rail-Navi開発チームメンバーが無言で

同じような電源車(カニ24)の写真を差し出してきました

 

「皆様の参考になれば…」とのことなので、

実車の資料として参考にご紹介したいと思います。

カヤ24とカニ24は形式は違うのですが、両者の違いをかなり大雑把に言うと、

荷物スペースを持っている(カヤ)か、荷物室を持っている(カニ)かの違いのようです。

写真を見てみましょう。

 

「北斗星」の運用に入っていた、カニ24 507 (2014年3月撮影)です。

室内の色、結構目立つんですね!

確かにこれを再現すると効果的!

この車両では、エンジンにカバー(?)がついていて、2台のエンジンで色が違ったようです。

実は、社内の極秘資料には、カニ24のエンジンにカバーがない写真も見つかっています。

時期によって、カバーのあり・なしや、エンジン本体の色も変わっている可能性がありそうです。

もし ご自身で撮った実車写真をお持ちでしたら、Rail-Naviに投稿いただけると嬉しいです。

今回の模型改造記、通勤電車の座席などにも応用できます。

また、座席を再現するシールなども製品化されているので、貼り付けるだけでも良さそうです。

 

エナメル塗料や、もっとお気軽に油性ペンなどでも簡単にグレードアップできそうですね。

室内灯をつけると、効果もはっきり見えることでしょう!

「東日本の鉄道ファン」さん、

効果抜群な工作のご紹介、ありがとうございました。。

このような記事が盛りだくさん!​

Rail-Navi のダウンロード

google-play-badge.png

*ドメイン指定解除のお願い*

@kato-train.co.jpからのメール受信の許可をお願いします。

ログインの際、@kato-train.co.jpから認証コードが送信されます。

下記QRコードからも飛べます。

グループ 1101 - コピー.png

みんなの「鉄道記録」を あなたの「やりたい」へ

あなたの鉄道の「おもしろい」を誰かの「やりたい」へ

鉄道の「おもしろい」をみんなでナビする鉄道アプリです。

現在、上の6つの分類で展開しています。

今後も機能追加をしていきます!

グループ 1101 - コピー.png

1、​​「コミュニティ」の画面で、虫眼鏡をタップ。

2、検索窓に「手軽なカヤ」と入力して検索。

3、今回の「東日本の鉄道ファン」さんの記事が見つかりました。

​​「Rail-Navi」内での記事の見つけ方